トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

気分の問題かもね

高岡市からのご依頼。

後輪のタイヤ交換でお伺いしました。

さくっとタイヤを交換してから、仕上げに全体の点検作業をしていると、

Dsc_0324_3

ブレーキワイヤーの取り回しが、『自転車屋 うらちゃん』基準では間違っています。

何故おかしいのか解説させていただきます。まず、写真の右側から伸びているブレーキが、前のブレーキ。左側から伸びているのが、後ろのブレーキに繋がっています。

注目していただきたいのは、写真中央2本のワイヤーが交差している部分。後ろのブレーキが前側にきて、その後ろに前のブレーキがきて交差しています。書いててややこしいですね。

正しい配置は、前のブレーキが前側にきて、その後ろに後ろブレーキが交差するのが自然な順番になります。

ブレーキは、ワイヤーの長さが長すぎたり短すぎてもダメ。取り回しを間違えると、ブレーキを握った感じが重くなったりする、デリケートな調整が必要になります。

と、ここまで偉そうに書いていますが、実はこれが正解なのかは確証がありません。

同業者に『どうなの?』と聞いたことがありませんし、写真の自転車の場合、前後を逆にしたくらいではまったく影響は無いと思います。

ただ、新車として展示されている自転車の多くは、僕の言った通りになっています。また、この自転車は変速が無いので、シフトワイヤーが伸びてはいませんが、写真にシフトワイヤーが追加されれば、僕の主張する配置の方が、自然に見えるはずです。

というわけで、これが正解かは判りませんが、『自転車屋 うらちゃん』基準では、気持ちが悪いので、ついでに直しちゃいます。

Dsc_0325_3

ハンドルを抜きます。ハンドルポストにグリスが塗られてないので、ついでに塗っておきます。錆びたら抜けなくなりますよ。前輪のセンターもずれてるし、全体的に組み方が雑です。

Dsc_0326_2

はい、『自転車屋 うらちゃん』基準に直しました。あー、すっきりした。

タイヤ交換してもらったんでサービスです。というか、お客さんに何も言ってないな。

2014年6月29日 (日)

部品が無い

20年以上前のMTBのBBにガタつきがあるという事で、お預かりしました。

Dsc_0324_2_2


写真中央。ペダルが回転する根元の部分を『BB(ボトムブラケット)』と言います。

当初は、緩んでいる部品の増し締めとグリス(潤滑剤)を入れてやれば直るだろうと思っていたんですが、分解してみると……

Dsc_0326

Dsc_0323


中に水が溜まっていました。部品が酷く腐食しています。写真は少し綺麗にしていますが、分解した時は、グリスと水が溶けあってドロドロな状態でした。

原因は、フレームに水が抜ける穴が無かったのがいけなかったんでしょう。フレームに侵入した水が抜け道を失って、ハンガー内部に溜まってしまったんですね。

話を戻します。

Dsc_0325_2


写真はシャフト芯です。腐食が酷いです。それだけじゃなく、ベアリングが当たる部分がボロボロの虫食い状態になっています。この部品はもう使えません。交換するしか道はありません。

ですが、ここで問題が発生しました。このBBシャフト芯、一種類だけじゃなく、何種類も存在するんです。問題なのはココ。これと同じ部品は、もう作られていないんです。

昔からやっている自転車屋さんなら、もしかしたらまだ補修用に在庫しているかもしれませんが、開業して2年未満な僕は当然持っていません。

そうなってくると、残る手は一つ、

Dsc_0327

現在のスポーツ自転車に使われている『カートリッジ式BB』に交換することですが……、ここでまたしても問題が。このカートリッジ式もサイズごとに種類があり。この自転車に適合するサイズ『シェル幅73mm 軸帳127mm』は、すでに廃番になっているのです。

ためしにワンサイズ小さい物を取り付けたところ、見事に撃沈しました。左クランクがフレームに接触します。軸帳が足りません。

さてどうするか。もうこうなったら力技しかないな。ここからは、完全に専門的なことになりますが、『シェル幅68mm 軸帳127mm』に『73mm対応のアダプター』を取り付けることにしました。

見た感じ、73mmと68mmのカートリッジはほとんど同じ物のように見えます。メーカーさんに聞いた訳ではないので、微妙な差異はあるのかもしれませんが、アダプターで調整してやればいけると判断しました。

結果----上手くいきました。そして、写真撮り忘れました。不覚なり。

もう一つ問題だったハンガー内の水の逃げ道は、ハンガーの底に穴を空けることで対処しました。これまた力技です。

終わってみれば、初めから締めまでなんとか押し切ったといった感じです。

自転車はこの後、ヘッドとホイールのグリスアップ。ブレーキパッドに取りついた泥・削れたリムの破片を除去して、無事にお客様にお渡しできました。

2014年6月28日 (土)

通勤・通学用タイヤにオススメ

高岡市での作業。

前輪、後輪両方のタイヤ・チューブ交換です。

ほとんどの場合、どちらか片方交換というのが多いのですが、今回はとある理由から両方交換となりました。

当店ではタイヤ交換の際には、お客様に利用状況をお聞きして、適切なタイヤを勧めるようにしています。

今回のケースは『現役男子高校生。卒業はまだまだ先。走行距離ほぼ毎日で往復約10km』

ものすごい酷使しています。生半可なタイヤでは、耐えられそうにありません。

よって今回お勧めしたのはこちらのタイヤ。

Dsc_0320

パナソニック製『スーパーハードタフネス』という名前のタイヤです。

名前がとにかく強そうです。名前負けしない、長寿命でパンクしずらいという高性能タイヤです。

僕が個人的に気に入っているのは、この部分Dsc_0322


写真はタイヤの裏側が写っています。チューブが収められている場所で、普段は見えないところです。

このタイヤ、この部分がすごく綺麗に作られているんです。初めてこのタイヤを見た時は驚きました。

低品質なタイヤほど、この部分が雑に作られているように思えます。ちなみにここがしっかりしているとチューブがすごく長持ちします。綺麗なだけじゃないんですね。

このように高性能なタイヤですが、弱点はあります。

それは『空気を入れないことです』

このタイヤに限らず、どんなに高性能なタイヤを使っていても、空気を入れないでぺしゃんこのまま乗っていると、タイヤはすぐにダメになってしまいます。

冗談ではなく、半年と持たずにダメになりますよ。高いお金を払って交換したのに、また交換といった事態になってしまいます。お母さん涙目です。

最低でも、月に一度は空気を入れましょう。それだけでタイヤ本来の性能を発揮してくれますよ。

今回紹介させていただいたタイヤ。基本的には取り寄せとなります。パンクしていた場合は、可能な限り応急処置をほどこし、商品が届き次第、再度お伺いして交換という流れになります。ご了承ください。

2014年6月26日 (木)

MIYATA ランドナー

レストアの仕事を引き受けました。

では、ご紹介します。

Dsc_0330

Dsc_0331

MIYATA製のランドナー君です。クロモリフレームにフロント3段、リアの6段はボスフリー。スプロケットに変速ポイントがついていません。とても年代に味のある自転車です。

作業内容は大まかに言うと、塗装が剥げているので、再塗装して組み上げます。

塗装は別の業者さんにお願いするので、僕の仕事は塗装のために分解して、再塗装されたら組み上げることです。正確にはレストアのお手伝いといったところでしょうか。

なるべくお金を節約するといったオーダーなので、使える部品は出来るだけ綺麗にして再利用する予定です。

では分解していきます。

Dsc_0332

おや、カンチブレーキのチドリなのにブレーキ受けがありません。これではブレーキワイヤーが切れた時にとても危険です。組み上げ時にはなんとかするとしましょう。

Dsc_0333

ハンドルが簡単に抜けました。だからどうしたと言われそうですが、これは大事なことです。新しい古いは関係なく、部品が錆びついて外れないといったことが、自転車にはよくあります。

これを防ぐには、組み立て時に固着防止剤を部品同士が接触する部分に塗るしか方法はありません。丁寧に組み立てられた自転車と、そうじゃない自転車の差はここにあります。

こちらのランドナー君はハンドルだけでなく、他の部分もとても簡単に外れてくれました。これは、この自転車を組み立てた職人さんが、とても丁寧に仕事をしてくれたおかげです。おかげで、とても楽に作業を進められました。感謝。

んで色々とはしょって、

Dsc_0340

分解完了。この後、一旦オーナーのもとに返却して、再塗装されて戻ってきます。

どんな色になるんでしょうか。楽しみです。

2014年6月17日 (火)

よくあるパンク

高岡市での作業。

パンク修理です。

Dsc_0312_2


白い点が、穴の位置です。並んで2つ穴が開いています。

リムうち、もしくはスネークバイトと言って、パンクの原因がすぐに判る特徴的なパンクです。

釘などを踏んでパンクしたのではありません。パンクの犯人はずばり、タイヤの空気不足。つまり持ち主本人です。

空気が入っていない状態で段差に乗り上げてしまうと、段差の角と金属のホイールにチューブが挟まれてパンクしてしまいます。

空気をしっかりいれておけば、防ぐことができたパンクです。

タイヤの空気は乗らなくても、少しずつ抜けていきます。最低でも一ヶ月に一度は空気を入れましょう。

2014年6月14日 (土)

パンク修理と思いきや

来週から始める予定の計画の準備と、修理の依頼が忙しい一日でした。

さて、高岡市内での作業です。

パンク修理ということで出張したのですが……。

Dsc_0324_2_2


サイドが裂けてます。写真のオレンジ色のところは、タイヤの下地にある部分でカーカスと呼ばれています。

黒い部分が抉れて、下地が見えてしまってしまいます。薄皮一枚で繋がっているという表現がぴったりくる状態です。ここまでタイヤの状態が酷いと、走行中にタイヤが破裂してしまう可能性があります。お客様と相談して、新しいタイヤに交換させていただきました。

何故こうなってしまったのか、傷口は手動でオンオフを切り替えるブロックライトの取り付け不良によく似ていますが、この自転車は暗くなると自動でオンになるハブダイナモのライトでした。、他にも、ブレーキパットの取り付け不良などを疑ってみましたがどうも違う感じです。

話をお聞きすると、以前かなり大がかりな修理をされたそうです。泥除けも大きく変形した跡があったので、あくまで推測ですが、その時に出来た傷で、修理の際に見落とされたのかもしれません。

なんにせよ自転車は修理すれば直りますが、乗る本人は最悪治らない事態になるかもしれませんし、他人を巻き込んでしまうかもしれません。

自転車は安全運転で乗りましょう。

2014年6月13日 (金)

またまたチェーンの修理。

高岡市内での作業。

二日連続でチェーンが外れた案件です。

でも、昨日とは少し毛色が違います。

今回は外装6段変速の自転車です。昨日は内装3段の自転車でした。変速機が違っていれば修理の方法も違ってきます。

ブログに慣れていないせいか、写真に撮るのを忘れてしまいます。よって今回は始める前の写真がありません。

Dsc_0319


というわけで、作業途中の写真です。ギアクランク(ペダルを回す部分の部品)を外しました。

何故に外したのかというと、チェーンがギアクランクの内側に落ちてしまい、部品と部品の間にがっちり挟まれてしまっていたからです。

力ずくで引っ張れば取れないこともないのですが、チェーンが切れる可能性もあるため、乱暴なことはせずスマートにいこうと思いギアクランクを外しました。

Dsc_0320


はい。ギアクランクを嵌め直して、変速機の調子をみて完了です。

内側じゃなくて、外側に外れてくれれば直すのも楽なんですけどね。普通、シティサイクルで外装変速の自転車は、後輪側のチェーンが外れるんですけど、今回のケースはペダル側で外れていました。チェーンにも変速機にも異常が無かったので、何故外れたのか原因が謎です。

2014年6月12日 (木)

チェーン交換です。

高岡市内での作業。チェーンが外れたとのご依頼です。

Dsc_0313

内装変速機の自転車です。ギアの内側にチェーンが外れていますね。

Dsc_0314_2

とりあえず嵌めてみました。見た時から思っていましたが錆が酷いです。
チェーンも伸びきっています。これはもう新しいチェーンに交換ですね。

Dsc_0316_2

新しいチェーンは長いので、いずれまたチェーンが伸びて調整が必要になってくることを考慮して、適切な長さの所で切断します。

Dsc_0317_2

交換完了です。チェーンカバーをつけちゃったので、裏側から撮影しました。

チェーン外れにも色々原因があります。例えば、チェーンは使っているうちにどんどん伸びていくので、ギアとかみ合っている部分に隙間ができて、ちょっとした衝撃で外れてしまいます。これを防ぐためには、定期的に調整が必要になりますし、伸びすぎると今回のように交換になります。

外装変速機の自転車だと変速機の何かしらの不具合。
ペダルが回転する根元の部分『BB(ボトムブラケット)』という所にガタつきがあったりしても外れたりすることがあります。こちらの自転車も少しガタつきがあったので調整しておきました。

話が長くなりました。
もし、お使いの自転車の変速がうまく動かなかったり、チェーン付近から聞きなれない金属音がしていたら、それはチェーンが外れる前兆かもしれません。チェーンに異常がなかったとしても間違いなく何かしらの異常が起こっているので、お早目に自転車屋さんに見てもらうことをお勧めします。

余談ですが、この自転車、写真にも偶然写っていますが前後両方のタイヤが左右反転してついていました。前輪タイヤには回転方向があったのでサービスで直しておきましたが、後輪タイヤには回転方向がなかったのでそのままにしておきました。
タイヤの回転方向の有無については、いずれ話題にしてみようと思います。

2014年6月11日 (水)

はじめまして、自転車屋です。

富山県で自転車の出張修理を営んでおります。浦田と申します。

何か新しいことを始めてみようと思い立ち、ブログを始めてみることにしました。

実はもう一つ始めてみようと思うことがありまして、来週にはスタートさせるために準備していたりします


修理屋らしく、珍しい案件とか、自転車のためになる豆知識を紹介していきたいと思います。

どうか、よろしくお願いします。

トップページ | 2014年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ