« たまにある修理 | トップページ | 縁の下の力持ち »

2014年7月20日 (日)

空気の入れ過ぎに注意

富山市まで出張しました。

基本エリアは高岡市周辺ですが、富山市でもご依頼は受け付けております。

空気を入れた時に、『パン』と音がしたそうです。

嫌な予感を感じつつ、チューブを引っ張り出してみました。

Dsc_0381


やはりチューブが破裂しています。ここまで大きく裂けているとパンク修理は不可能です。

仮に修理出来たとしても、時間が経つと穴が広がって、結局またパンクしてしまいます。

この場合は、チューブを交換した方が結果的に安く済みます。

破裂した原因は、空気の入れ過ぎか、もしくは逆に普段から空気を入れていなかったせいで、チューブの一部分がサンドイッチのように重なってしまい、その部分に負荷がかかったため破裂した可能性が考えられます。

後者は普段から空気を入れていれば防げます。

前者の場合は、加減しましょうとしか言えません。カチカチにするのではなくて、少し凹むくらいが丁度いいですね。

お客様から差し入れをいただきました。

Dsc_0382


炭酸コーヒー。存在は知っていました。

店主は変わった飲み物は大好きですが、これを飲むのは初めてでした。

味は、……まぁ色んな嗜好があっていいなと思います。

« たまにある修理 | トップページ | 縁の下の力持ち »

修理・タイヤ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044250/56848286

この記事へのトラックバック一覧です: 空気の入れ過ぎに注意:

« たまにある修理 | トップページ | 縁の下の力持ち »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ