« 原因解明 | トップページ | 三連発 »

2014年8月22日 (金)

バルブの緩み

パンクではありませんが、空気が抜ける原因として、バルブの緩みというものがあります。

Dsc_0274


矢印の部分がバルブです。この部分がしっかりと締められておらず、緩んでいると少しずつ空気が抜けていきます。

パンクの修理で伺うと、ここが原因だったことがたまにあります。

素手で簡単に締めることができるので、空気が抜けやすいと思ったら、バルブの緩みをチャックしてみるのも良いと思います。

バルブが緩む理由としては、自然に緩んだ場合と、悪質ですがいたずらで緩められたりすることもあります。

これには対応策があります。

Dsc_0272

写真のように、バルブ固定用ロックリングを追加することで、自然に緩むことも、素手で緩めることも出来なくなります。欠点として、工具を使わないとむしゴムの交換が出来なくなりますが。

この処置には特に料金はいただいておりません。希望された方に、部品が余っていれば無料でやらせていただいています。

ただし、この処置だけというのは行っておりません。パンク修理でも整備でも何でも良いので、なにかしらの作業のついでとしてお受けしております。どうかご了承ください。

« 原因解明 | トップページ | 三連発 »

修理・パンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044250/57157767

この記事へのトラックバック一覧です: バルブの緩み:

« 原因解明 | トップページ | 三連発 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ