« 消耗品です | トップページ | パンク防止剤 »

2014年8月12日 (火)

記録更新

高岡市からのご依頼です。

ご自宅ではなく、路上での修理です。パンクして走行できなくなり、ご連絡いただきました。

さて、パンクの原因ですが、今回は異物が刺さっていました。

刺さっていたのがコレです。

Dsc_0002

なにかとんでもない物が刺さっていました。抜いてみます。

Dsc_0001

でかいです。直径が単三電池と同じです。何かの金属の欠片でしょうか。腐食が酷いので剥がれ落ちたんだと思います。

今回のこの異物が『タイヤに刺さっていた異物の大きさランキング』の記録を大幅に更新し、一位に輝きました。

お客様にとっては不幸以外の何物でもありませんね。ふざけ過ぎました、申し訳ありません。

まじめな話、ここまでタイヤとチューブの損傷を激しいと再利用は残念ながら不可能です。パンク修理ではなく、タイヤ・チューブ交換になりました。

お客様にとって唯一幸いだったのは、タイヤが交換時期になっていた事でしょう。

今回のような事態にならなくても、近いうちにタイヤを交換する必要があったのでタイミング的には良かったです。これが新品のタイヤだったら本当に最悪でした。

こういう事態を防ぐには、工事現場や家を建てている場所には極力近づかないぐらいしか予防策はありませんが、普通の道にも落ちていない訳ではないので、正直運だと思います。

話は変わりますが、タイヤの写真を見ると、微かに緑色の液体が付着しているのが判ると思います。

Dsc_0003

チューブの写真です。穴の開いた場所から緑色の何かが漏れています。

Dsc_0004

チューブを切ってみました。緑色の液体が溢れてきます。グロいです。

この液体の正体は、後日お伝えさせていただきます。

ただ一言だけ言わせてください。

『パンク防止剤』という商品には気をつけてください。

« 消耗品です | トップページ | パンク防止剤 »

修理・タイヤ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044250/57065623

この記事へのトラックバック一覧です: 記録更新:

« 消耗品です | トップページ | パンク防止剤 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ