« スタンド交換 | トップページ | 季節の移ろい »

2014年9月 7日 (日)

無理させすぎ

高岡市内島からのご依頼です。

Dsc_0275 Dsc_0276

バルブ部分がもげてしまっています。パンクした状態で無理に乗っていたため、チューブに負担がかかったためです。これは修理できないため交換です。

チューブのダメージを最低限に抑えるためにも、パンクした場合は絶対に乗ったりせず、降りて押しましょう。また、タイヤに何か刺さっていたら、可能であれば抜いてください。ただし、怪我しそうなら止めておいた方が無難です。

この症状は、『パンクしにくいタイヤ』というやつで特に起こりやすいです。理由はタイヤ自体が固いため、少しならパンクした状態でも走れるからです。便利なように見えて、結局はチューブ交換してますから修理費は高くついています。

ホームセンター等で販売している自転車によく使われています。思い当たる方は特に注意してください。

« スタンド交換 | トップページ | 季節の移ろい »

修理・チューブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044250/57306346

この記事へのトラックバック一覧です: 無理させすぎ:

« スタンド交換 | トップページ | 季節の移ろい »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ