« 無駄を排除 | トップページ | 本日の異物 »

2014年10月20日 (月)

珍しい修理

自転車のチェーン交換ではなく、ベルト自転車のベルト交換です。

珍しい部類の修理になると思います。そのため、部品は常備していないので、部品を取り寄せての修理になりました。

Dsc_0322

Dsc_0328

判りづらいですがベルトの側面が削れて、繊維が露出しボロボロになっています。

原因はチェーンカバーです。

何らかの衝撃で、チェーンカバーが変形してしまい。変形したチェーンカバーがベルトに接触し、チェーンカバーが刃の役目になり、ベルトが動くたびに桂剥きの要領で削れていました。

明らかに異音がしているのに無理に乗ったから、ここまで悪化していました。多分、乗らないでいれば、カバーを修正するだけですんでいたと思います。

Dsc_0323

交換しました。ベルトドライブは金属のチェーンと違って注油したり、頻繁に張りの調整をしたりしなくて良いため、基本的にメンテナンスフリーで運用できますし、めったに交換することはありません。

切れそうに見えますが、意外と頑丈で普通に使用している分には簡単には切れません。ですが、今回のように傷が入ってしまうと耐久性が落ちて切れやすくなってしまいます。

チェーンカバーはメーカーや車種によって金属製、ポリカーボネイト製(プラスチックみたいな物です)などありますが、ポリカーボネイト製だったら今回のようにはならなかったかも……しれません。

今回の教訓は、『いつもと違うと感じたら、乗らずに自転車屋さんに見てもらう』ことですね。

« 無駄を排除 | トップページ | 本日の異物 »

修理・チェーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044250/57737478

この記事へのトラックバック一覧です: 珍しい修理:

« 無駄を排除 | トップページ | 本日の異物 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ