« グリス切れ? | トップページ | もーいくつ寝ると »

2014年11月29日 (土)

取り忘れ

どんな修理であっても終わった後には、一通りの点検を行っています。

本日、点検中に気になった部分がこちらです。

Dsc_0315

丸で囲んだ部分。ペダルの根元に何かがあります。

Dsc_0316

これの正体は、ペダルを取り付けた際に出てくる金属片です。

ペダルをネジ穴に締めこむことで、クランク部分の金属が削れていき、削れた部分が写真のように露出してきます。鉛筆削りを想像してみて下さい。鉛筆がペダルで、削りかすが金属片です。

こちらの金属片、鋭利に尖っており刺さるとかなり痛いです。深く刺さるので血もなかなか止まりません。

刺さると非常に危ないので、ペダルを取り付けた際には必ず除去しますし、販売時にはこの部分を必ずチェックします。

……するはずなんですが、写真に写っている通りがっつり残っていました。

自転車販売時の整備チェック項目には、ペダル取り付けの項目もあるはずなのですが、この自転車を販売した責任者は一体どこをチェックしたのでしょうか。

少なくてもペダルを付けた時と販売した時。最低2回はコレに気が付くチャンスがあったと思います。

人が乗るのだから、安全に乗ってもらうためにも、しっかりチェックはしないとダメでしょう。

« グリス切れ? | トップページ | もーいくつ寝ると »

自転車という乗り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044250/58129703

この記事へのトラックバック一覧です: 取り忘れ:

« グリス切れ? | トップページ | もーいくつ寝ると »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ