« またまた同じ物 | トップページ | 忙しい »

2015年1月30日 (金)

夜間走行に必要

高岡市守護町へ出張修理です。

依頼は後輪パンク修理でしたが、修理の間ずーと視界に入って気になっていた部分がありました。

Dsc_0325

後方のリフレクター(反射板)が固定ネジのみを残して無くなっていました。

無いのは大変危険なので、

Dsc_0326

新しいのを取り付けました。少し前にLED点滅式のリフレクターを紹介しましたが、今回のはオーソドックスな反射するだけのタイプです。

ちなみに自転車のリフレクターは夜間走行時には、決まった位置4ヶ所に取り付けることが義務付けられています。

4ヶ所とは、フロント、リヤ、ペダル、サイドの4つ。正確にはペダルは左右で2つありますし、サイドは自転車の前側面(前輪)と後側面(後輪)に一つづつ付けるので合計6個になりますね。

リフレクターは取り付ける位置以外にも、色や角度が決まっています。好き勝手な色の物を適当な場所に取り付けてはいけません。

車に乗っている方は共感していただけると思いますが、夜間運転中に、反射板が無くて見えない自転車に出くわすと、本当に肝が冷えます。

リフレクターは自転車を運転する自分を守るための物ですし、自分以外の人間を守るための物でもあります。

取れてしまったら、すぐに新しい物を取り付けましょう。

« またまた同じ物 | トップページ | 忙しい »

修理・リフレクター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044250/58761708

この記事へのトラックバック一覧です: 夜間走行に必要:

« またまた同じ物 | トップページ | 忙しい »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ