« 早期の修理 | トップページ | 空気を入れましょう »

2015年2月 4日 (水)

ブレーキ外れ

富山市まで出張してきました。

左側のブレーキが効かないそうです。

左側ということは、一般的には後輪のブレーキになります。

Dsc_0330

見た瞬間に原因が判明。ブレーキアウターがブレーキレバーから外れています。これではブレーキは作動しません。

Dsc_0330_2

青い矢印の部分を、赤い円の中の穴に収まっている必要があります。

Dsc_0331

修理完了です。これでブレーキが作動するようになりました。

このタイプのブレーキレバーは、自転車を倒したり、ブレーキワイヤーを何かに引っかけて引っ張られたりすると、簡単に外れてしまいます。駐輪場に止めておいたら、他の自転車のハンドルに引っかかってというパターンが多いですね。

品質のグレードが高いアルミ製のブレーキレバーならば、外れにくい構造になっているのですが、これはプラスチック製で値段の安いブレーキレバーだから仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、もう少しなんとかならないのかと思ってしまいます。

今回のケースでは、また外れる可能性があるので、お客様には特別に対処法をお伝えしています。

« 早期の修理 | トップページ | 空気を入れましょう »

修理・ブレーキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044250/58817362

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキ外れ:

« 早期の修理 | トップページ | 空気を入れましょう »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ