« 点検整備 | トップページ | いたずら……かな »

2015年3月 3日 (火)

破裂

高岡市常国に出張修理。

Dsc_0319

Dsc_0320

タイヤが裂けていました。

Dsc_0321

チューブにも大きな穴が開いています。

異物が刺さったパンクでは、通常こんな風にはなりません。

では、原因は何かと言うと『空気の入れ過ぎ』です。

空気の圧力にチューブが耐え切れず、内側からパーンと破裂してしまったのでしょう。タイヤが裂けたような傷も、チューブが破裂した衝撃によるものです。

無事だった片側のタイヤを触ってみると、ロードレーサーのタイヤ並みに固く、カチンコチンでした。適性値の2倍以上は間違いなく入っていたと思います。

これは破裂するなと納得してしまいました。

普段から空気を入れましょう入れましょうと言っていますが、入れ過ぎもダメです。どちらもチューブとタイヤの寿命を縮めてしまいます。

人間でも、食べないのは良くないですし、食べ過ぎも良くありませんよね。

何事も程々にしておきましょう。

空気圧は指で押して少し凹むくらいだと、大体いい感じになります。

« 点検整備 | トップページ | いたずら……かな »

修理・タイヤ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 破裂:

« 点検整備 | トップページ | いたずら……かな »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ