« 細いチューブのパンク修理 | トップページ | 整備不良 »

2015年3月26日 (木)

細かい事

本日修理した自転車で、細かい事ですが少し気になったことがありました。

Dsc_0320

写真は自転車に乗った状態で撮影しています。

気になるのは矢印の部分。明らかにワイヤーの長さが合っていません。無理やり取り付けているため大きく弧を描いて膨れ上がっています。

問題のワイヤーは、三段変速機のシフトワイヤーです。

このタイプの物は長かったら切って短くするという事が出来ません。何種類か長さが違う物が市販されているので、その中から適切なサイズを選んで取り付けることになります。

Dsc_0321

取り付けられていたワイヤーのサイズが書いてありました。見にくいですが1650mmと書かれていました。やっぱりサイズを間違えていますね。1650mmはアップハンドル用の物です。

4973291213519

こちらがアップハンドルです。ハンドルが途中で曲がっている分、長いサイズの物が必要になります。

写真の自転車のハンドルは、曲がらず真っ直ぐなストレートハンドルなので、本来の適合サイズは1520~1560mmが正しいサイズになります。

この自転車に関しては、サイズが違っていても特に機能的な不都合は一応ありませんでした。ただ見た目が良くないだけです。

販売した時点ではこのような問題は起きないでしょうし、たとえ起きても気付くと思います。おそらくブレーキワイヤーに比べてシフトワイヤーは新しかったので、シフトワイヤーを交換する修理をしたのだと思います。

適合するサイズの在庫が無かったのか、見た目を気にしない人が修理したのかは判りませんが、個人的には見た目も大事だと思うので、雑な修理だなと思います。

Dsc_0318

つい先日まで雪がチラついていましたが、何気なく地面を見てみると土筆が生えていました。

春と言えば桜やタンポポ。植物を観察してみると季節の移ろいを、より感じることが出来ますよね。

 

« 細いチューブのパンク修理 | トップページ | 整備不良 »

修理・ブレーキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044250/59417869

この記事へのトラックバック一覧です: 細かい事:

« 細いチューブのパンク修理 | トップページ | 整備不良 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ