修理・リフレクター

2015年2月28日 (土)

点検整備

高岡市守護町に夜間の出張修理です。

パンク修理でしたが、チューブがダメになっていました。残念ながらチューブ交換です。

チューブの交換を済ませ、いつも通り最後に点検を行っていると要整備な箇所を発見。

Dsc_0318_2

ペダルの反射板が外れそうになっています。ペダルがこうなってしまっているのは、今回に限らず非常に多く目にします。特に若い人に多いですね。

Dsc_0319_2

叩いて元の場所に戻してあげます。

お次はこちら。

Dsc_0320_2

リアの反射板です。反射面が下を向いてしまっています。この角度では、満足に光を反射することは出来ません。

Dsc_0321_2

角度を再調整してあげましょう。進行方向に対して垂直にするのが正しい角度になります。誤差は5度までは許容範囲です。試験に出ますよ覚えておきましょう。

いや本当に自転車の資格試験に出るんですよ、コレ。

今回の整備は、乗る分には支障のない部分ですが、安全面には支障が出る部分です。

乗り心地だけを良くするのではなく、安全面にも気を配るのが正しい整備だと僕は思っています。

2015年1月30日 (金)

夜間走行に必要

高岡市守護町へ出張修理です。

依頼は後輪パンク修理でしたが、修理の間ずーと視界に入って気になっていた部分がありました。

Dsc_0325

後方のリフレクター(反射板)が固定ネジのみを残して無くなっていました。

無いのは大変危険なので、

Dsc_0326

新しいのを取り付けました。少し前にLED点滅式のリフレクターを紹介しましたが、今回のはオーソドックスな反射するだけのタイプです。

ちなみに自転車のリフレクターは夜間走行時には、決まった位置4ヶ所に取り付けることが義務付けられています。

4ヶ所とは、フロント、リヤ、ペダル、サイドの4つ。正確にはペダルは左右で2つありますし、サイドは自転車の前側面(前輪)と後側面(後輪)に一つづつ付けるので合計6個になりますね。

リフレクターは取り付ける位置以外にも、色や角度が決まっています。好き勝手な色の物を適当な場所に取り付けてはいけません。

車に乗っている方は共感していただけると思いますが、夜間運転中に、反射板が無くて見えない自転車に出くわすと、本当に肝が冷えます。

リフレクターは自転車を運転する自分を守るための物ですし、自分以外の人間を守るための物でもあります。

取れてしまったら、すぐに新しい物を取り付けましょう。

2015年1月25日 (日)

ブログ再開

ご無沙汰しております。

12月よりブログの更新が滞り始め、1月に至っては元旦以来の更新という体たらくでございました。

冬季限定の副業が落ち着いたので、本業に専念します。ブログも通常更新に戻していこうと思います。

今回は射水市へと出張修理です。

ご依頼は後輪の反射板が壊れたとのこと。

Dsc_0352

反射板がカバーごと無くなっていました。転んで壊してしまったそうです。

このタイプの反射板は、夜になると振動を感知してLEDが点滅するタイプです。

写真の反射板は、ブリジストンのLEDが2個付いている純正部品だったので注文になりました。

Dsc_0353

――という訳で届きました。右側が新品です。さっそく取り付けます。

Dsc_0354

完了しました。

LED内蔵型の反射板は、LEDの点滅で夜間の走行時に、第三者からの視認性が上がる優れた反射板だと思います。帰宅する時間が遅い方にはピッタリの反射板です。

点灯点滅しない通常の反射板を、LED内蔵型の反射板に交換することもできます。お気軽にご相談ください。

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ