修理・サドル

2015年10月22日 (木)

サイズの適合

今回は、珍しい修理だと思います。

サドルがフレームに入らず、無理やり入れたら動かなくなったそうです

Dsc_0446

正確にはサドルではなくて、シートポストという金属の棒が5cmくらい入ったところで動かなくなっていました。

こうなってしまった経緯。始めの不運はサドルを盗まれてしまったそうです。そして、困っていたところに、知人からサドルのみを譲り受けることができたそうです。

早速、サドルをフレームに入れてみたところ中々入らない。むりやり力ずくで押し込んでみたら、こうなってしまったそうです。

とにかくシートポストを抜かなくては作業を進められません。幸い錆びついて固着したわけではなかったので、苦労はしましたが無事抜くことが出来ました。

Dsc_0448

抜いたシートポストを見てみるとサイズが書いてあります。25.6mmがこれの直径のサイズです。

次にフレームの穴のサイズを測ってみたところ、25.4mmでした。

シートポストの方が0.2mm太い。入らなかった理由が判明しました。0.2mmのわずかな誤差ですが、自転車に関して言えば大きな誤差になります。実際に、こういう事態になっていますしね。

どんな物にも適合するサイズという物はあります。適合しないものを付けるという事は、知識のある人間がやる分にはリスクも承知の上でしょうが、知識のない人間がやるということは、ただ壊すという事に繋がりかねません。

自分でやるということはとても大切なことですが、時には勇気ある撤退も必要なことだと思います。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ